So-net無料ブログ作成
検索選択

+ 1年前に書いたRubyへの手紙 + [尽きぬ想い]

 

Ruby_Rocca-028.jpg


老犬の写心(写真ではなくて写心)を撮るために全国を旅しているホタパパさん。
年に1度、写心展を開催しています。

Rubyが撮っていただいたのは2007年の5月のこと。
そして翌年の写心展ではその写心と私のRubyへの手紙をパネルにして飾って
くださいました。
さらには写心集にも掲載していただいて、すべては懐かしくいい想い出です。

撮影をお願いした時点ではまだまだ元気いっぱいで、老犬という言葉がしっくり
こなかったRubyさん。
私とRoccaと共に芝生の上を走りまわっていました。

Rubyが旅立った後、ホタパパさんが写心展で飾っていたパネルを送ってくださ
いました。
そのパネルに貼られた手紙の内容をここに転記したいと思います。
読んでいただけたら幸いです。


------------------------

Rubyへ

1年前の手紙を読み返し、少し書き直してみました。
一緒に暮らした年月は13年から14年へと、穏やかに積み重ねられています。
とても幸せで満ち足りた日々です。
でもそれは私たちに与えられた奇跡のような時間。
そのことを忘れないように、大切に、大切に・・・暮らしていきたいと思っています。

あなたを家族に迎えることができると決まった時、
私がどれだけうれしかったか知っているでしょうか。
初めて会った時、私はその強く美しい瞳に心を奪われました。
でも、実際家族になってみると頑固で悪知恵が働き、なかなか心を許してくれませんでしたね。
そんなあなたに私も鍛えられたと思います。
似た者同士だからこそぶつかる時もあるけれど、
根本では繋がっているのだと思うこともできるようになりました。
そして今では本当にお互いがお互いの分身のよう・・・。
私はあなたで、あなたは私です。

10歳を過ぎて経験した手術は4回。
初めて腫瘍を確認した時は頭の中が真っ白になりました。
今までいくつの悪性腫瘍を切除してきたでしょうか。
それでもそんなことは微塵も感じさせず、今もこうして傍で笑っていてくれることの喜び。
いくつになっても美しく優雅なあなたは、私の誇りです。
そしてあなたを尊敬してやまないRoccaにとっても、最高のお姉さんです。

波乱万丈な私の人生に付き合ってくれてありがとう。
どんな時も傍にいてくれてありがとう。
Roccaを愛してくれてありがとう。
人目も偲ばずわんわん泣きながらお散歩した日々もあったね。
でも一緒だから乗り越えられました。
本当に本当にありがとう。

これからも私はそのまっすぐな瞳にまっすぐに応えられるように、
生きてゆきたいと思っています。
私があなたを誇りに思うように、あなたにもそう思ってもらえるよう人間になりたいのです。
至らない私だけれど、これからもよろしくね。

Hiroko

------------------------


Rubyが旅立ったのは4月6日。
写心展に行ったのは去年の4月7日でした。
翌年もいっしょに行けると信じていました。
でもそのことを嘆き悲しんでいるわけではないんです。
この1年間というもの、本当に充実した素晴らしい日々でしたから。

■ お友達もたくさん載っている写心集


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 涙は枯れなくても + [尽きぬ想い]

 

Ruby_Rocca-027a.jpg

 

一区切りつけなくてはならないと、緊張して迎えた四十九日法要。
出棺する時と同じくらいその時が怖くてたまりませんでした。
何かをするというわけでもなかったのに、その日から逃げ出したかった。
でも「ねばならない」という気持ちに縛られるのではなく、心のままに・・・と今は
思っています。

何度見ても微笑んでいるとしか思えないRubyのお顔。
幸せだったんだよね?
思い残すことはなかったんだよね?
私たちはこれからも一緒だよね?
聞いてみたいことはあまりにたくさん・・・。

Ruby-099.jpg

 

週末を過ごしたホテルでは、天気予報が外れて雨は一瞬だけ。
土曜の夜は綺麗な星空も見ることができました。
夜、波打ち際で暗い海と水平線を見つめながらRubyの名を口にしてみました。
その姿を探しました。
小さく白い波の形にRubyが走ってきたような錯覚を覚えました。
ホテルのお庭ではたくさんの幻が見え、Rubyは私の周りをぐるぐると取り囲んで
いるかのようでした。

でも触れることはできなかった。
悲しくて、寂しくて、ひとり泣きました。
少しずつ現実を受け入れ始める準備をしてきたつもりですが、やはりまだ最初の
一歩というところなのかもしれません。
それでも進もうと思えるようになっただけいいかな、とも思っています。

Ruby-100.jpg

Ruby、ずっとずっと愛しているよ。
あなたと私の絆は本当に永遠のものになったね。

愛してくれてありがとう。
ありがとう、Ruby。
ありがとう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 四十九日 + [尽きぬ想い]

 

Ruby-097.jpg

Rubyが旅立ってから49日が経ちました。
いい歳をして仏事に疎く恥ずかしいのですが、故人(故犬?)を想う気持ちがあれば
正式でなくてもいいかな・・・なんて都合よく考えて、自分たちなりの四十九日法要を
行いました。
大好きだった場所で、思い出話をしながら泣いて、笑って・・・。
まだまだ色々なことを認められずに苦しんでいる状態ではありますが、焦らずに
ゆっくり立ち直っていきたいと思っています。
Ruby、もうちょっと待っててね。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 何かを探して + [尽きぬ想い]

 

flower-007.jpg

毎日、何度も何度もRubyが食事を拒むようになってからの写真を見ています。
私が気付かなかった、気付けなかった何かがそこに写っているかもしれない。
そんな気持ちに突き動かされています。

実はその頃からすでに仕事以外ではあまり写真が撮れなくなっていました。
あの頃のRubyは、本当はボロボロだったのでしょうけれど、神々しいほど美しく
見えました。
なのに撮れなかった。
認めたくなかったのかもしれません。
覚悟なんてできていなかったのです。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

+ しっかりしなきゃ + [尽きぬ想い]

 

Rocca-006.jpg

私だけが悲しいわけじゃない。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 理想の愛の形 + [尽きぬ想い]

 

Love does not consist in gazing at each other,
but in looking outward together in the same direction.
              Antoine de Saint-Exupery

愛し合うということは、お互いの顔を見つめ合うことではなく、
同じ方向を一緒に見つめることである。
              サン=テグジュペリ
 

 

flower-008.jpg

 

いつからかは忘れましたが(たぶん遠い昔から)、私はこの考えにとても共感し、
人間関係の基本と理想をそこに置いてきました。
そしてRubyとの生活はまさしくこの理想のままでした。
時折見つめあいながら、でも前を向いて、それぞれの足で歩いていました。
私たちの心はひとつでありながらも、個々の人格(Rubyは犬だけど)を尊重し、
尊敬していました。
それが私たちの愛のかたちでした。

もちろんそれは最初からではありません。
もう無理、理解できない、してもらえない、と思うこともありました。
Rubyが私に望んでいることがとてつもなく難しいことのように感じることも ありました。
でもそれはRubyも同じだったかもしれません。

今、なぜかそんなことをふと思ったので、書いてみました。
そして、理想なんてどうでもいいからRubyに逢いたいと願う私がいます。


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

+ まぶし過ぎる想い出 + [beautiful days]

 

Hiroko-008.jpg

15歳のお誕生会の3日後、2/14(Valentine's Day)の写真と動画です。
元気一杯、笑顔で走るRuby。
一緒に過ごす最後の長期滞在となったこの旅は、私にとって奇跡とも言える夢の
ような日々と
なりました。
もうこれ以上は何も望まない、と思えるほど美しく満ち足りた時間でした。
(それでも欲と言うものはきりがないものだと、後でわかるのですが)

【動画】 波の音、風の音、 青い空、そして・・・


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 変わらない景色と彼女の不在 + [尽きぬ想い]

 

traveel-002.jpg

週末に思い出の場所に行ってきました。
一眼レフで写真が撮れなくなってしまった私ですが、思い切ってカメラを手に
取って、シャッターを切りました。
一枚撮って・・・でもやはりこれ以上は無理でした。


Ruby-091.jpg

食事の時も、フリーの時も、こんな風にくろいでいたRuby。
ファインダーを覗いたら、この姿が見えるかもしれないと思ったのですが、涙で
かすんでしまいました。


nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 1年前 + [beautiful days]

 

Ruby_Rocca-016.jpg

ちょうど一年前の写真です。
すやすや眠るふたりを見ながら過ごす夜は幸せそのものでした。
23日間という長い旅行も板についたふたりは、昼間思いきり遊んで夜は
こんな風にぐっすり眠って・・・の繰り返し。
Rubyの寝顔はいつも穏やかで美しく、私は見とれてしまいます。

もちろんRoccaだって可愛いお顔なのですが、たまーに白目になってる
んですよね・・・。(苦笑)


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

+ 苦しい毎日 + [RubyとHiroko]

 

Ruby-082.jpg 

Rubyが旅立ってから1か月が経ってしまいました。
時の流れは気持ちを癒すこともあるのでしょうが、今の私には時間さえも残酷
に感じます。

頑張るって決めたのに・・・やっぱりまだ立ち直れず、それどころか自分のして
きたことに後悔ばかりです。
特にRubyの最後の2週間に関しては、どうしてもやらなければならない仕事
があったとは言え、なぜずっと抱きしめていてあげられなかったのかと、それ
ばかり考えます。
私の人生の中のたった2週間をどうして全てRubyのために使うことができな
かったのかと。

Rubyよりも大切なものなどなかったのに。
そのために選んできた道であり、仕事だったはずなのに。
後悔と哀しみで胸が押しつぶされそうです。
美しいものに感動することもできず、写真を撮ることもできなくなりました。
(今使っているのは全て以前撮ったものです)



共通テーマ:ペット